夏季の発送クール便のおすすめ

だんだんと夏が近づいて参りましたね。

軽井沢は日本でも有数の避暑地。。。なわけですが、それでも暑い(*_*)

 

皆さまのお住まいの地域はもっと暑いんですよね。

気温の上昇とともにパンの劣化が懸念されます。

真夏の常温での輸送庫内の温度上昇はすさまじいとヤマト運輸ドライバー様より伺っております。

そこで、宅急便タイプを選べるように致しました。

常温・冷蔵・冷凍の3つです。

クール便(冷蔵・冷凍)は通常送料に216円プラスで設定させていただいております。

 

宅急便タイプの選択は、お客様におまかせしております。

輸送上の劣化につきましては責任負えませんので、

下記の各メリット・デメリットをご一読の上、ご参考ください。

 

 

◇常温便

お届け後すぐにお召し上がりいただけます。届いた日にすべて食べきる!という方はこちらをどうぞ。

輸送庫内の温度上昇が懸念されるため、チョコレートやバターが含まれたパン、ライ麦100%のパンは傷みやすくなります。

特にライ麦100%のパンは蒸焼きのため水分量が多く、お届け翌々日には傷んでしまう可能性もございます。

 

◇冷蔵便 (0℃~10℃)

パンの乾燥が懸念されますが、お届け後すぐにお召し上がりいただけます。

霧吹き等で水を含ませ、トースターで温めてお召し上がりください。

焼菓子やシュトーレン、チョコトルテの同梱も可能です。

お届け時ご不在でも、最大3日間営業所にて冷蔵保管していただけます。

 

 

◇冷凍便 (-15℃)

パンの乾燥を防ぎ、焼き上がりの状態をキープしてお届けが可能です。

お届け後、すぐにお召し上がりいただけません。

自然解凍してから霧吹き等で水を含ませ、トースターで温めてお召し上がりください。

焼菓子やシュトーレン、チョコトルテとの同梱ができません。

お届け時ご不在でも、最大3日間営業所にて冷凍保管していただけます。